私が会社復帰をスパッとやめた3つの理由

「女性も働く」ということは
すっかり当たり前になってきましたね。

私は今「おうち開業」というワークスタイルですが、
大学を出た後は東京都中央区にある企業に勤めていました。

結婚、妊娠、出産をしてもなお、
私も皆さんと同じく、当然のように育児休暇を取得し、復帰する気満々だったんです。

ところが、3つの理由からこの気持ちが揺らぎ、消滅することになります。

まず1つめ。「気持ちの変化」

自分でも驚くほどの気持ちの変化でした。

私はもともと、子どもと接するのが苦手なタイプ。
我が子が生まれてすぐはどう関わっていいかわからず、
里帰り先の母が育児をほぼやってくれていました。

ところが、いろいろなきっかけが重なり、180度変化!

「どうやって寝かすの?」
「どうやって遊ぶの?」

という不安と戸惑いだらけの毎日が

「泣いていても可愛い」
「ずっと一緒にいたい」
「めっちゃ可愛いやんけ!!!」

たった3ヶ月で、ガラリと変わりました。

この気持ちの変化が「絶対復帰する」という決意を揺るがせることになるのです。

2つめ。夫の転勤

女性は何度もライフスタイルの転換期が訪れますよね。

結婚、妊娠、出産はもちろん、夫の転勤や介護などなど・・・

それが私の場合「夫の転勤」だったわけですが、、、

「いずれある」ということは頭の片隅にあったものの、
娘が1歳の時に突然の辞令。

夫の勤務地は東京から仙台へ。

私の勤めていた会社は東北支社というものがなかったため、
「退職」というワードが急に現れたのです。

正直、はじめは戸惑いしかありませんでした。

次第に気持ちが落ち着いてきた頃、
「保育園に入れず成長をじっくり見守りたい」
という気持ちの変化があったことから、復帰はしない、ということになりました。

(会社が在宅ワークという働き方も提案してくれたんですけどね。今でこそメジャーですし有り難すぎる提案ですが、当時はいまいちピンと来なかったんです。)

とはいえ、いきなり職を失うわけで。

「収入0」という現実にぼんやりとした不安がありました。

が、3つ目の理由がそれをかき消してくれることになります。

ベビーマッサージ資格を勉強していた

出産前は満員電車に揺られて朝から晩まで働いていたのに対して
育児休暇中は、ほぼ家。
しかも赤ちゃんと二人きり。

「暇なわけじゃないけどなんだか物足らない」

という毎日。。

そんな日々にメリハリをつけたくて資格の勉強をすることに。
講座パンフレットを取り寄せてみたり、
ネットで調べたりする日々。

そんな中で出会ったのが
「ベビーマッサージ」や「ファーストサイン」という資格だったのです。

どうせ今勉強するなら育児に関することを勉強してみようかな、
くらいの軽い気持ちでした。

ところが、「泣くのが仕事」と漠然と思っていた私でしたが
赤ちゃんのことを勉強すればするほど、

「こんなに一生懸命泣いて伝えてくれてるんだ!ありがとう」
と思えるようになったんです。

勉強するからには合格したい。
合格したからにはレッスンもやってみたい。
レッスンやるからには収入にしたい。

開業してから2ヶ月後には
「なにこれめっちゃ楽しいー!!!!!」って。

すごくすごく充実していて、
「人生で今が一番楽しくて幸せ」って思える毎日。

こんなにも楽しくて収入にもなるなら、いっそこの仕事でやっていきたい。

子供と一緒に仕事ができる、
通勤時間ゼロでできる、
仕事をしながらプライベートの時間も調整できる

正直、こんな毎日を知ってしまえばやめられるわけがありません。
もはや中毒です。笑

満員電車に揺られ、
会社の理不尽さに嘆き、
疲れから主人に八つ当たりする、

なんて日々には、もう、ずえっっったいに戻れない!!

と考えるように。
(誤解はしてほしくないんですが、前の仕事はやりたい仕事だったし会社の上司も先輩も同期も後輩も大好きでしたよ^^)

そんなこんなで、
「育児休暇を終えたら会社復帰。これしか選択肢ありませんもん。」

という考えはどこかへ消え去り、

「ベビーマッサージ教室を自宅で開業する」
という新たな道を見つけたのでした。

 

 

 


 
LINEでメッセージいただくと1:1で気軽に質問できます
友だち追加数