泌尿器科医もオススメする1歳までに始めたい男の子おちんちんケア

男の子ママ、赤ちゃんのデリケートゾーンのケアはできていますか?

パパに聞いてみても確かな答えがなかったり、
ママにとっては謎だらけのデリケートゾーン。

モヤモヤしていたら、あっという間に成長するわが子。
ケアを始めるタイミングを逃してしまった!

なんてことのないように、
赤ちゃんのデリケートゾーンケアは早めに始めてみてくださいね。

泌尿器科医もオススメ!1歳までに始めたい理由

●ママが無理なくケアするため

男の子赤ちゃんのデリケートゾーン、ケアしようと思ってもなかなか扱いづらいもの。
ジッとしてくれる赤ちゃんならいいけれど、そう思い通りにもいかないですよね。
できるなら寝返り前に始められるとママも無理なくスタートできますよ。

●楽しんでケアするため

赤ちゃんのうちから始めることで、デリケートゾーンケアの時間をコミュニケーションの時間として楽しめます♪

感覚が明確になってくる2,3歳児。
くすぐったかったり、羞恥心が芽生えたり。
逃げたり暴れたりするだけでなく、「嫌だ!」という心の記憶が残ってしまうかもしれませんもんね。

●子どもの将来のため

赤ちゃんのうちからケアをはじめることで、将来のデリケートな悩みを防ぐこともできます。
赤みやかゆみなどの些細な悩みから、将来のパートナーに関わる悩みまで、今からママが守ってあげましょうね。

「楽しそうにしてくれてます♪」

レッスンに参加されたママたちからは、こんな感想をいただきます。

「親子で楽しんでケアしています♪」
「パパも一緒にお歌を歌いながらやってます」
「楽しんでくれているから、毎日続けられそうです!」

その理由はタッチケア。

ベビマーシュでお伝えしているデリケートゾーンケアは、タッチケアを取り入れた楽しいケア方法です。

「痛いんじゃないかな」
「ちょっとこわいな」
「むく、って何??」

赤ちゃんのうちから始めれば、そんな不安は一切必要ないんですよ。

むしろ楽しい親子時間になるんです。

やさしいデリケートゾーンケアを

ママに易しいデリケートゾーンケア。

それはきっと赤ちゃんにもやさしい。

デリケートゾーンのケアだって楽しいコミュニケーションの時間でありたい。

毎日続けることですから、やっぱり楽しくなくちゃ。

ベビマーシュのレッスンの全ての軸は「親子のコミュニケーション」

育児に義務的要素は必要ない!

食事だってスキンケアだって、親子で楽しんでいきましょう♪