赤ちゃんのお肌を守るための3ステップ

赤ちゃんのお肌はとっても、とっても、とてつもなく、デリケート。

お肌が荒れたら皮膚科へ、という赤ちゃんが多いですが、その前に大切なのはやっぱり毎日のホームケア。

ママが知っておくべきホームケアの基本、3ステップをご紹介いたします。

1.洗浄

「お風呂なら毎日入れてるよ」と言われてしまうかもしれませんね。

ここでいう洗浄とは「正しい洗浄」を言います。

お風呂での洗い方は泡で優しく
食後のお口の拭き方は濡らしたタオルで押さえるように

たくさんのママたちと出会ってきましたが、ほとんどのママが

ゴシゴシ、ゴシゴシ、、、

直後は当然、まっかっか。泣

赤ちゃんのお肌に摩擦はご法度。
優しくきれいにしましょうね。

2.保湿

毎日赤ちゃんとの出会いがあるおかげで、パッと見て保湿をしているかしていないかの判断がつくようになってきました。

保湿もまた、ただ塗ればいいというわけではなく「正しい保湿」が重要です。

いつ塗るのか
どんな保湿剤を塗るのか
どこに塗るのか
どんな風に塗るのか

ママであるあなたは答えられますか?

保湿に関する大切なことはありすぎて、一度に書ききれないほどです。

3.UVケア

「赤ちゃんにUVケアをする。」

おばあちゃん世代にはあまり考えられなかったことかもしれません。

皮膚科学が進んだ今、UVケアは必須項目。
ホームケアの3本柱の1つを担っているほどです。

どうしてUVケアが必要かというと、赤ちゃんの未熟な肌構造をさらに乱してしまうから。
そこには肌荒れの大敵「乾燥」があります。

どうして赤ちゃんにUVケアが必要なのか
どんなUVケア剤を選ぶべきなのか
どこにUVクリームを塗るのか
どんなふうにUVクリームを塗るのか

残念ながらインターネット上の情報は古いものも多く、間違った情報に溢れています。

ぜひ自分の目で、耳で、しっかりと最新の知識を身に着けて赤ちゃんのお肌を守っていただきたいと思います。

書ききれなかった赤ちゃんのお肌を守るための詳細な情報は、今後のblogの更新をお待ちいただくか、ベビースキンケア教室・初級講座・資格取得講座にて。