これが私の仕事

今この記事は新幹線の中で書いています。

カメラ講師として福岡へ出張中です。

とはいっても講師を務めるわけでも、セミナーを受けに行くわけでもありません。

ママのための全く新しい画期的な働き方を提案するため、仲間たちと一緒に0から作り上げるお仕事へ…♡

こんな風に活動を続けていると、ふとママに言われることがあります。

「先生、手広くやってますねぇ~」なんて。

全くそんなつもりはないんですが笑

ベビーマッサージの先生、資格スクールの講師、フォトグラファー、カメラ教室の先生…etc

と、やっている仕事を箇条書きにしたら軽く10行は超えますから、あながち間違いではないのかもしれません。

正直、自分でもわからなくなった時期がありました。

「私は一体、何がやりたいの?」

この仕事に夢中になればなるほど「自分の気持ちに素直に行動すること」の大切さを思い知ります。

「面白そう!」と思ったら迷いもせず受講しては、学んだその知識をママたちへ届けることを仕事にして。

もちろん「これは違うかな」と思ったらやらない、ということも大事にしつつ。

そうこうしているうちに、

私の仕事=ベビーマッサージ教室の先生

ではなくなっていました。

フォトグラファーという仕事も増えました。

資格スクールの講師という仕事も増えました。

カメラ教室の先生という仕事も増えました。

その中でもメニューはたくさん展開していますし、

今は協会の理事の仕事もしています。

あなたの仕事は何ですか?

と、聞かれたら、今の私は自信を持ってこう言います

「ママがワクワクする日々を作る仕事です」

ベビーマッサージなんてやらなくったって、子供は育つ。

けれど、赤ちゃんに触れることであなたが癒されたり、赤ちゃんの喜ぶポイントを知っているだけで、育児が楽しいって思える時間がちょっとずつ増えていく

写真なんて上手に撮れなくったって、思い出は残せる。

けれど、あなたがいつか育児で立ち止まることがあった時、ふと見返した時に心があったかくなるような写真を届けられたら、前を向くお手伝いができるのかもしれない。

資格なんて取らなくったって、生きていける。

けれど、ほんの少しの勇気で一歩踏み出せば、あなたの将来の可能性は無限大。ライフスタイルの悩みはママ達の永遠の課題です。

その中で譲れないのは「親子の関わり」を大事にすること。

教室でも、講座でも、撮影中でも、ママに感じてほしいのは親子コミュニケーションの尊さ。

これからも軸をぶらさず、まずは私自身が「なんだけワクワクする!」と感じたことに向かって迷わず進んでいきたいと思います。

これから出会うあなたへ少しでもワクワクを届けられます様に。

 

 

 


 
LINEでメッセージいただくと1:1で気軽に質問できます
友だち追加数