子は親の背中を見て育つ

私が「自宅で仕事をする」というスタイルを決めたのは5年半くらい前の話。

育児休暇中の時間を使って、何かスキルアップできないかな〜

と思っていた時に、

育児に生かせて仕事にもなる資格

というところに惹かれて受講を決意しました。

   
そして、受講スタートから半年ほどでRTA指定スクールとしての人生が始まります。

      
      

そもそもスキルアップしたいと思った最初のきっかけは娘です。

どんどん成長していく娘に、母親として焦っていました。

私は何をしてあげられるんだろう?

      
      

「いやいや、それどころか母親として足りないものが多すぎる!!」と感じ、まずは知識を増やす(=資格取得する)ことにしたのでした。

      
      

《私は何をしてあげられるんだろう?》

起業して3年ほどがたった時、

私はひとつの答えを見つけたような気がしました。

      
      

娘に「頑張れ」という時、

ふと、「私は頑張ってるのか?」

と自分に問いかけることがあります。

その時に思い出す言葉は

子は親の背中を見て育つ。

私がやってれば、娘もきっとそうするだろう。

人を動かしたいならまずは自分が動かなくちゃね。

      
      

      

私は今日も、「やりたいことをやりたいように楽しんで努力する」

娘が一番近くで見ることができる、最高のモデルケースになりたいと思っています。

時には反面教師にもなりながら^^